<< コーヒーショップを開く | main | 怒られるから、やる、では無い >>

サドベリーの学びの広さと深さ

  • 2017.07.24 Monday

  • 先日のスクールへの朝日新聞の取材インタビューで感じたこと。

    これは、今回だけじゃなくて、インタビューとかがあるとよく聞かれることだけれど、「生徒の子達は、スクールでどんな学びをしてるんですか?」という質問。

    これにはどうにも、答えにくい。
    たぶん正確には答えられないと思う。どう表現しても、その子の学びのごく一部しか捉えられていない気がするからだ。

    一方で、従来の学校なら、答えるのはとても簡単だと思う。
    「今日は、国語と算数を学びました。」
    「国語は、漢字の練習をしました。算数は面積の出し方を習いました。」
    「国語のテストで80点でした。習ったことはわりと理解できています。」

    でも本来に立ち戻って考えてみると、同じ内容を授業で習っても、その子ごとに学んだこと、気づいたことは違うはず。テストで80点と言っても、でき方も満足度もそれぞれの子で違うはず。

    なまじ、「教科」や「学習内容」があるから、学びを分かった気になっちゃう。
    これは、便利でもあるけれど、危険なことでもあると思う。



    サドベリーでは、例えば、本を読んでる子がいても、「小説家になりたくて、構成や文体の勉強のために読んでる」のか、「暇つぶしで何となく読んでる」のか、「本を開いてはいるけれど、実は頭の中では、宇宙の成り立ちのついて考えてる」のか?、スタッフからは分からないことが多い。
    神様じゃないんだから、「この子はこれを学んで、これを身につけた」なんて言えない。

    これは、学んでいる生徒の子本人も同じで、なかなか自分が「これを学んでいます」というのは表現しにくいと思う。
    これは、大人の人が「今日は何を学んだんですか?」と聞かれて、なかなか答えられないのと同じだと思う。大人も日々、成長してるはずだし、なりたい自分の目標もあるにも関わらず。

    ここに、大人も子どもも、人の成長や学びの本来があると思う。
    人の学びなんて、そうそう1日で切りとって表現できるものではないし、ずっとずっと後になってから、学びを実感できることもある。
    そして、半年とか1年とかで振り返ると、きちんと成長してるのです。

    サドベリーの学びは、人の本来の学び。
    だからこその、学びの広さや深さがあるのです。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.08.21 Monday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR