<< パソコンからiPadへ | main | 空気を読まない >>

藤井四段とモンテッソーリ教育

  • 2017.07.03 Monday

  • 将棋の新記録の29連勝でニュースを賑わせている、14歳の藤井聡太四段。
    残念ながら、昨日の対局で負けてしまい、大台の30連勝に届きませんでしたが、プロ入りからの快進撃には大きな注目が集まっています。
    そして合わせて話題になっているのが、藤井四段が幼少期に受けていた「モンテッソーリ教育」。

    藤井四段の集中力育てた「モンテッソーリ教育」
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1846436.html


    もちろん、モンテッソーリを受ければ、全ての子達の才能が開花する、という訳では無いですが、藤井四段の現在の集中力を大きく育てたことはあると思います。

    そして、これを機に、いろいろな魅力的な教育を知る方が増えるといいな、と思います。

    いろいろな性格の子達がいて、いろいろな才能を持っていて、いろいろな興味を持っていて、いろいろな目指す道があって、だからこそ、いろいろな教育の中から、子ども達が自分に合った教育を選べるようになっていって欲しいと、切に願います。



    世界には、日本にも、魅力的な教育がたくさんあります。
    もちろん公立校の選択肢も、子ども達が自分で選ぶなら、大きな結果を残すでしょう。

    まだまだ日本では、新しい教育に対して法律などが追いついて来ていない現状があったりもしますが、公立校も、それ以外のいろいろな教育の選択肢も、もっともっとフラットな形で選んでもらえたら、と思います。

    最後に、「生きる力」をはぐくむ教育を紹介されている、「いきはぐ」サイトを掲載しておきます。
    参考にしていただけたら、嬉しいです。

    ◇いきはぐ
    http://ikihug.com


    ・シュタイナー教育
    からだ・こころ・あたまが調和した『自由』な人間へ

    シュタイナー教育は、ルドルフ・シュタイナーによって提唱された教育です。
    シュタイナーは、自らの意思によって行動できる『自由』な人間へと成長するためには、「からだ(意志)」「こころ(感情)」「あたま(思考)」の調和が大切だと考えました。
    そして、0〜7歳は「からだ(意志)」が、7〜14歳は「こころ(感情)」が、14〜21歳は自立した「あたま(思考)」が育つ時期だと捉え、それぞれの時期にふさわしい教育方法を考案しました。
    成長の段階に合わせた学びによって、「知・情・意」をバランスよく育てる教育です。


    ・モンテッソーリ教育
    「一人でするのを手伝う」 自立を大切にする教育

    モンテッソーリ教育は、マリア・モンテッソーリによって系統立てられました。
    イタリア初の女性医師であったモンテッソーリは、科学的な視点から、子どもをあるがままに客観的に観察しました。
    そして、子どもは生まれつき自分自身を成長させる力を備えていると考え、それを助けるための方法を考案しました。
    それは、一人ひとりがやりたいことに取り組める環境をつくり、また、子どもが自分一人でできるように援助することでした。
    子どもが自分で自分を発達させることで、自分に自信を持ち、自立していけるよう導く教育です。


    ・森のようちえん
    多様な自然の中で、主体的な活動を通して育つ

    森のようちえんは、0歳〜幼児の子どもが対象の、自然体験を基軸にした保育・幼児教育の総称です。
    森、海、川、野山、畑、自然公園など、広義の自然の中で、子どもが主体的に活動することを中心とします。
    保育者は、子どもが自分の意志で行動し、実体験から学べるような関わり方をします。
    変化に富んだ自然に、柔軟に対応していくこと。
    自分で不思議や興味を見つけ、工夫して遊びを作り出すこと。
    仲間と刺激し合い、助け合って共に過ごすこと。
    こうした体験を通して、自然・人・社会と調和しながら、自分らしく生きていく力を育ていきます。


    ・サドベリースクール
    自由な過ごし方と、人との関わり合いの中で自ら学ぶ

    デモクラティックスクールは、大人と子どもが対等な立場で「民主的」に学び、運営する学校の総称です。
    米国のサドベリーバレースクールが先駆けであり、この学校をモデルにした場合は「サドベリースクール」と呼ばれています。
    いつ、何を、どのように学ぶか・学ばないかは、全て子どもが自分で決めます。
    およそ4〜18歳の子どもたちが、縦割りで共に過ごします。
    その上で何か問題が起こると、ミーティングで対等に話し合います。
    自分の興味をとことん追求しながらも、多様な人と関わり合い、尊重し合う体験を通して成長していく場です。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.07.18 Tuesday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR