<< 重大な理由とは? その2 | main | パソコンからiPadへ >>

町村総会

  • 2017.06.19 Monday

  • 先日のニュースで、こんな話題が上がっていました。

    「高知・大川村長 町村総会の設置検討」
    http://www.asahi.com/articles/ASK6J3PT8K6JPLPB004.html

    大川村は日本の縮図、過疎化・高齢化によって、次回選挙で定数に足りず、村議会が維持できなくなる可能性があるという。
    そこで、村長の指示で、直接民主制である「町村総会」の設置の検討を始めたという、ニュース。


    サドベリーに関わってると、こういう、民主主義なニュースには敏感になります。

    もう少し解説を入れると、日本の国会をはじめ、県議会・市町村議会なども、住民が選挙で議員を選んで、議会で行政が進められる、という、「間接民主制」です。
    これに対して、上記の町村総会やサドベリーのミーティングは、住民や生徒たち本人が行政や学校運営を行う、という「直接民主制」です。



    日本では、選挙で国会議員を選ぶ、政治は議員がやる、というのが当たり前すぎて、直接民主制への抵抗があるようですが、元々を考えれば、国レベルだと住民が多すぎて、みんなが政治に参加する、というのが無理なので、止むなく間接民主制を取ってるだけで、本来は、住民や生徒などの構成員が自分の環境を作っていく、というのはとても分かりやすく、自然だと思います。


    間接民主制で、政治への関心が薄れてしまったり、うまく行かない政治を議員のせいにしたりするのなら、自分たちが関わらないと何も前には進まない直接民主制も、政治をゼロにから考え直す貴重な機会ではないかと思うのです。

    サドベリーでは、今日も生徒の子たちが自分の学校運営に責任をもって、ミーティングに出てくれています。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.10.11 Wednesday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR