<< 重大な理由とは? その1 | main | 町村総会 >>

重大な理由とは? その2

  • 2017.06.14 Wednesday

  • 前回からの続きです。
    http://gura-sud.jugem.jp/?eid=174

    ミーティングで5回かかって話し合われて、やっと議題の決定が行われてから、あらためて議題元の女の子からスクールミーティングに対して新しいルールの提案がありました。

    「さすがに今回はたいへんだったので、もっと分かりやすいルールを作りたい」。
    ルール案は「プロジェクトの月例報告に関して、前もって言っておけば、理由に関係なく、ペナルティー無しで報告を延期できる。」というもの。
    これは、ミーティングでの話し合いの中で、「前もって言っていれば、いいんじゃないか?」という流れを踏んだものです。

    これに対して、スクールミーティングでは、

    「前もって言うことで、順序は経ているので、問題ない」
    「月末のプロジェクトの月例報告は、とても重要な位置付けなのに、これだと気軽に延期できてしまうのでは?」
    「理由が例えば「何となくだるいから今週はやめとく」とかでも許されちゃう。かと言って、理由が重要かどうかを審議しだすと今回と同じことになる」
    「そもそも、サドベリーのミーティングは多様な価値観からジャッジするので、手間がかかるのはやむを得ないし、それが良さでもある。毎回、理由を審議するのは面倒臭いけれど、システムとしてはその方が自然なのでは?」




    さらに、話し合いが進んでいくと、

    「そもそも、月例報告だけ前もって言えば延期できるとなるのは、おかしい」
    「月例報告だけが、他のルールと明らかに違う、ということがない限り、ラインを統一するべき」
    という意見が。

    今回は「ミーティングが5回もかかってたいへんだった」という個別の理由があるにせよ、ルールや決定は、個別の事案にあまりのも引っ張られてしまうとバランスが取れなくなるので、「過去のミーティング決定の流れとのバランス」「ルール全体を見て理にかなっているか?」まで、視界を広げて話し合う必要があるだろう、ということに。

    そんなこんなの話し合いの結果、「全ての期限付きのルールに関して」、「前日までにデイリーミーティングで報告すれば、理由を聞かれることなく、期限を1日(または次回ミーティングまで)延期できる」ということが決まりました。


    今回の話し合いも、いろいろな角度からの意見が出て、時間がかかって、たいへんなことになったけれど、これもサドベリーの醍醐味だと、個人的には思っています。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.12.12 Tuesday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR