<< 子どもを導く | main | 校舎の紹介 >>

クラスメートを知らない

  • 2017.03.21 Tuesday

  • 西宮サドベリースクールの生徒数は、定員いっぱいの30人、6〜18歳の子達がスクールに通っています。
    学校という枠で見るととても小さい学校なんですが、それでもスクールの後片付けの掃除決めなどで「◯◯とじゃんけんして」というと「◯◯ってだれ?」という事があるんです。

    これには、サドベリーらしい環境が影響しています。
    サドベリーでは「個が確立している」ということ。

    まず、学びも生徒の子達が「自分のやりたい事、必要な事」をやっていくので、それが違うと関わりがなかったりします。

    2つ目に、サドベリーでは、仲の悪い子や合わない子とは、一緒にいる必要がありません。
    だからこそ、変に人間関係がこじれることはないですし、数年経って、それぞれが成長したときに、仲の悪かった2人がとても親友になっていることもあったりします。

    兎にも角にも、サドベリーではとても自然な人間関係なのです。



    こういう風に書いていくと、何かサドベリーは人間関係の希薄な場所のように映るかもしれませんが、断じてそうではありません。
    人間関係がとても自然なのです。

    サドベリーの学びは個単位での動きが多いですが、スクールで学んでいく以上、スクールという社会との関わり無しではやっていけません。ミーティングも、みんなが関わる場の一つです。
    きちんとみんな、名前は知らないけど、顔は知っていて、同じ社会の一員だというイメージを持っています。


    そして例えば、30人というスクールの中の人間関係では足りなくて、もっといろいろな人達、いろいろな年齢の人達に関わっていきたいときには、スクールをベースとしてどんどん外へ出ていけばいいのです。
    日本の世界の他のサドベリースクールの子達に会いに行ったららいいですし、いろんな人を求めて日本全国を旅して回ることもできます。


    「クラスメートを知らない」。
    そんなサドベリーの環境は、とても自然で魅力的だと感じます。




    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.11.14 Tuesday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR