<< YouTube | main | 生徒の目線から >>

勉強

  • 2017.01.24 Tuesday

  • 「サドベリーに通うと、好きなことばかりやって、勉強をしないんじゃないか?」
    「勉強ができないと、大多数が従来の学校を出ているこの社会で、大きな不利になるんじゃないか?」
    保護者の方がとても心配する点です。

    結論から書くと、全くもって大丈夫です。
    サドベリーを卒業する子たちにとって、この事は全く問題にはなりません。

    なぜか?

    サドベリーでは授業というものが無いので、押しつけられる形での勉強は存在しないのですが、人間が本能として持っているものに、知的好奇心があります。
    お話を考えるのが好きな子が、小説を書くために漢字や文章の書き方を勉強する、論理的な考えが好きな子が、数学に興味を持って勉強する、など、サドベリーでも様々な勉強の風景を見てきました。

    さらに、これらは押しつけられた勉強ではないので、とても深く、長く、専門的に、学びが行われていきます。



    2つ目には、仮に、大人が思う勉強という形を取っていなくとも、サドベリーで学んでいるだけで、社会と必要とされる学力は身につく、という事があります。

    サドベリースクールは、大人の社会にとても近い環境となっています。授業として漢字を習わなくとも、漢字が読めなければ自分の必要とする情報を得にくくなってしまいますし、計算ができなければ、プロジェクトの予算づくりに支障が出ます。

    大人が社会に出てから必要となる学力は、そのままサドベリースクールの中でも必要とされるので、サドベリーの生徒の子達はそれを自分のぺ一スで、自分のやり方で自然に身につけていきます。

    心配することはありません。


    サトベリーの生徒の子達はこれらのスキルを持っているので、例えば、自分の学びたいものを専門的に学ぶために大学に行きたくなれば、大学受験と大学に入ってからの研究ために、集中して勉強をすることができます。

    実際にサドベリーの生徒の子たちの中には、それまで全く勉強という形は取っていなくて、九九もbe動詞も習っていない子が、わずか2ヶ月半で受験に必要な高認検試験をクリアし、志望の大学に合格したり、別の子は専門数学を研究するために京都大学を目指して、1日8時間の勉強をしていたりします。

    サドベリーに来ても、学ぶやり方が違うだけで、勉強面での心配は何もいらない、ということです。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2017.09.14 Thursday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>


    『Profile』


    倉谷 明伸 (ぐら)

    兵庫県宝塚市生まれ・在住
    甲南大学 社会学科卒。卒論テーマは「子どもの友人ネットワーク研究」。

    大学卒業後、2年半の会社員を経て、自分の本当にやりたかった「子どもの面白い感性に触れられる仕事」として、サドベリースクールのスタッフを選択。

    アメリカ・ボストンのSudbury Valley Schoolを始めとして、関西圏の約20箇所のオルタナティブスクール、ホームスクーリングなどを視察する。

    西宮サドベリースクール創立時から15年間、生徒投票によりスタッフを続けさせてもらっています!
    recent comment





    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR